3つのプランがございます

 
デザインの進め方は 3 つのプランをご用意しております。お客様の現状に沿った最適なプランをお選びください。
 
□ プラン A:これからブランドを育てたい
□ プラン B:コンセプトは固まっていて、デザイン制作だけ頼みたい
プラン C:デザインにまつわる相談に乗ってほしい(デザイン制作なし)

プラン A:マーケティング分析+デザイン制作

新商品や新ブランドの立ち上げをしたい方や既存商品のリブランディングをしたい方に最適なプランです。マーケティングの視点を取り入れ、世の中のニーズを捉えたデザイン提案を行います。
 
お客様の情熱やこだわりは何よりも大切です。しかし主観的な視点だけで作った商品や、また逆にこだわりがなくお洒落さ・見栄えの良さで体裁を整えただけの商品は、「見た目はお洒落なのに売れない」結果を招きかねません。商品を買う人のニーズを満たすデザインにするには、客観的なマーケティングの視点が必要です。

〈デザイン制作までの流れ〉
お客様のこだわりや思いをヒアリングした後、マーケティング分析(3P分析・4P 分析など)によるコンセプト・ターゲット策定を行います。お客様の「思い」と買う人の「ニーズ」が交わる場所を探す、最も大切な作業です。

その後、商品やパッケージ等の具体的なデザイン制作を行います。
マーケティング分析からお客様とデザインの方向性を共有しているため、お客様はデザイン完成後の売り方やプロモーションまで一貫した軸を持って進めることができます。

  


〈マーケティング分析の進め方〉

プラン A の特徴は、デザイン制作の前にお客様の商品/会社/事業の強みや課題を洗い出す作業から始める点です。マーケティング分析をすることで自社を取り巻く環境や自社の強みを客観的に認識し、誰に、どんな価値を、どのように売るかのヒントを得ることができます。
 
具体的には 3C 分析・4P 分析といった分析を行います。マーケティング分析は当社からお客様にヒアリングし、必要項目を埋めながら進めます。分析結果は成果物として納品いたします。
 
■3C 分析とは
① Company= 自社が提供できること
② Customer= 顧客・市場が求めること
③ Competitor= 他社・競合が提供できること
3 つの視点から分析することで、市場を確認し、自社の強みや競合他社の強みが明確になります。①と②が重なる部分を見つけられると事業の方向性が見えてきます(バリユープロポジション)。
 
例)Rakuzen デザインページ作成時の 3C 分析

 
 

■4P 分析とは
① Product= どんな商品を(消費者が手に入れる価値)
② Price= いくらで
③ Place= どこで
Promotion= どのように売るか
4 つの要素(マーケティング・ミックス)からターゲット市場を分析し、自社製品の強みや課題を明らかにすることで販売戦略を立てることができます。
 

例)Rakuzen デザインページ作成時の 4P 分析

 
 

商品を売るためにはその良さを消費者の人に伝えなければなりません。伝えるためには、売る側が自分の商品のことを理解していなければいけません。マーケティング分析はお客様が自分の商品への理解を深めるために大切な作業です。

  


プラン B:デザイン制作のみ

 
すでに商品のコンセプトやターゲットなどの方向性が定まっているお客様向けです。プラン A のマーケティング分析作業を割愛し、デザイン制作のみを行います。

  


プラン C:毎月定額のデザイン相談プラン

 
プラン A、B 完了後もイメージをブラさずにブランドを育てたいお客様向けのプランです。具体的なデザイン制作はなくても、プロモーションやディスプレイのイメージなど、デザインに関するご相談にアドバイスを行います。
 
●業務内容と回数について
・ 面談(対面/ Zoom)や電話、 メールでデザインに関する助言を行います
・ デザイン制作は行いません
・ 内容:商品開発、コンセプト策定、販売戦略、ディスプレイ、知的財産権、プロモーション等に関する助言をデザイナーの視点から行います
・ 月に一度、お客様と面談を行います(対面/ Zoom)(2 時間)
・ 電話/メールは月に何回でもご相談いただけます
 
●料金について
・ 企業様は 4 万円/月、一般社団法人・福祉事業所・NPO 法人等は 3 万円/月
・ 割引料金 1.5 万円/ 1 ヶ月:電話/メールのみで面談を利用しなかった月に適用させていただきます
・ 料金は先払いとなります(前月末日限り)
・ プラン C は 3 ヶ月以上のご契約にて承ります